医業コンサル/行政書士 意地と根性の研修記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 医療安全推進セミナー

<<   作成日時 : 2008/01/27 21:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2008年1月26日(土):13:00開演 16:30終了(はまぎんホール ヴィアマーレ)
医療安全推進セミナー http://www.medical-bank.org/anzen-net/seminar.html

開講前の厚労省医療安全推進室長の挨拶からは、昨年の制度改定以降、医療安全について「役所は本気」であることを感じました。

基調講演@ 「医療と患者を結ぶコミュニケーション」岡本 左和子氏 (ヘルスケア・コミュニケーター、東京医科歯科大学大学院、元ジョンズ・ホプキンス大学病院国際部 ペイシェント・アドボケーター)では、
・医療機関でコミュニケーションが求められる理由を順序立てて理解し、
・コミュニケーションを円滑に進めるスキルを学び、
・Patient Adovocateの意味を理解(自分の理解は正確ではなかった???)
といった「気付き」を与えて頂きました。

基調講演A 「医療現場における医療安全対策」橋本 徹氏 (倉敷中央病院 呼吸器内科部長)では、
・「注意します!」のように「精神論」に陥りがちな現場で、ヒューマンエラーをシステマティックに減らす取組みにつき科学的に学び
・医療安全に対する取組みをPDCAサイクルに載せて回すプロセスをイメージする
という学習ができました。

また、その後のパネルディスカッション「医療現場における危険予知トレーニングの実際」からは、それぞれの医療機関で進めている取り組みを紹介して頂き、大いに学ばせて頂きました。

この業界で「KY」とは「危険予知」を指しますが、昨年流行した「空気が読めない」も、将来の危険を予知できないという意味で危険因子の一つかもしれない、とは武蔵野日赤病院看護師長の杉山良子先生の発言でした。自分も「KYT(空気を読むトレーニング?)」を積んで、安全の貢献できる医業コンサルを目指します!!!

人気blogランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
医療安全推進セミナー 医業コンサル/行政書士 意地と根性の研修記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる