医業コンサル/行政書士 意地と根性の研修記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 中小医療機関における患者安全のためのシンポジウム

<<   作成日時 : 2009/03/08 21:17   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2009年3月8日(日) 13:00〜17:00  東京国際フォーラム D1会場
主催 :平成20年度厚生労働科学研究「医療機関の規模や特徴に応じた職員研修の具体的で効果的な研修カリキュラムの作成と実際の活用と普及」に関する研究班 代表・嶋森好子先生(慶応義塾大学看護医療学部教授)

挨拶 佐原康之先生(厚生労働省医政局総務課医療安全推進室長)

第1部【小規模医療機関における患者安全体制確保のための取り組みの実際】
 座長:鮎澤純子先生(九州大学大学院医学研究院)
@「日本医師会の医療安全確保のための取り組み」北原光夫先生(日本医師会医療安全対策委員会委員長)
A 「日本歯科医師会の医療安全確保のための取り組み」助村大作先生(日本歯科医師会医療安全対策委員会委員長)
B「歯科診療所における医療安全確保の実践」五十嵐博恵先生(Uクリニック五十嵐歯科院長)
C 「日本助産師会及び助産所の医療安全の取り組みとその実践」岡本喜代子先生(日本助産師会副会長・安全対策室長)
D「産婦人科クリニックの医療安全の取り組み:インタビュー調査報告」小林美雪先生(山梨県立大学看護学部)

第2部【シンポジウム「これからの中小医療機関における患者安全推進のために」】
 座長:福永秀敏先生(国立病院機構南九州病院)/嶋森好子先生(慶応義塾大学看護医療学部)
@ 「中小医療機関の医療安全研修の考え方(試案)」長尾能雅先生(京都大学医学部附属病院)
A「これからの中小医療機関における患者安全」 
北原光夫先生(日本医師会医療安全対策委員会委員長)
助村大作先生(日本歯科医師会医療安全対策委員会委員長)
五十嵐博恵先生(五十嵐歯科クリニック院長)
岡本喜代子先生(日本助産師会副会長・安全対策室長)
長尾能雅先生(京都大学医学部付属病院医療安全管理室長)
画像


原稿執筆のためしばらく自粛していた勉強会ですが、初稿を送ったところで久し振りに勉強に出かけてきました。

医療安全のための取組については、大病院では院内のルール/システムとしてかなり定着しつつありますが、中小病院や診療所ではなかなか進んでおらず、Dr.やスタッフの皆様の『個人技』でなんとか確保している、というのが多くの実情かと思います。
そんな中、横浜市大患者取り違え事故(1999年)、京大病院エタノール吸入事故(2000年)から約10年経ち、大病院ではかなり改善されてきたところ、ここ1〜2年では島根県での血糖測定器事件、三重県での点滴作り置き事件、東京のレーシックでの感染症事件等、診療所での問題が大きくなってきていると警鐘を鳴らす、京大の長尾先生のお話が印象的でした。
また、今後の試案として診療所を
(TYPE:A)有床診またはスタッフ20名以上の診療所
(TYPE:B)無床かつスタッフ20名以下の診療所で侵襲的医療行為・危険薬剤使用・高度医療機器使用+
(TYPE:C)無床かつスタッフ20名以下の診療所でBの該当なし
の3つに分類し、それぞれに基本プログラムとオプションの数を課して医療安全体制を整備する、という案は現実的なアクションプランになりそうな気がしました。

また、仙台の五十嵐博恵先生(Uクリニック五十嵐歯科)の取組は、臨床研修施設という高いハードルを自らに課し、スタッフを巻き込んで、徹底的に基本に忠実な医療安全体制を整備されておられる事例には、感動しました。
五十嵐先生の『やればやるほど100点にはならないんですが・・・』というお言葉には、現場をひたすら真面目にやっている先生ならではの重みがあります!

北原先生(日医)のご講演では、薬剤取り違えの事例として、薬剤名(自分がMRだったころ扱っていた懐かしい名前)が挙げられ、身につまされる思い。。。
確かにあの薬は同じ販売名で10rと20rの2規格があって間違いやすかったので、間違い防止のためにPTPシートのミミのところの色を変更し、そのことを一生懸命説明して回っていた頃を思い出しました。
(誤認防止のため、2剤形とも採用されていた病院でひとつが採用取り消しになったこともありました・・・)

後半のシンポジウムでは、医療事故被害者の方や五十嵐歯科の勤務医の先生からの発言に、期せずしてが起こることもしばしば。
まだまだやるべきことは多いなァ、と思い直す会でした。

今年のきしべは、6月?予定の出版(医療法務実務必携/中央経済社・共著)もあり、医療安全体制も含む『医療コンプライアンス』を徹底的に進めていきます!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
中小医療機関における患者安全のためのシンポジウム 医業コンサル/行政書士 意地と根性の研修記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる