医業コンサル/行政書士 意地と根性の研修記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 2012年度 診療報酬・介護報酬同時改定の行方(日経ヘルスケアメディカルマネジメントセミナー)

<<   作成日時 : 2011/10/31 14:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

日 時 2011年10月30日(日) 10:00〜17:35 開場09:30
会 場 東京コンファレンスセンター・品川

10:05〜11:20 平成24年度介護報酬改定を巡る動き
厚生労働省老健局 老人保健課長 宇都宮 啓 氏
.
11:20〜12:00 建築の視点から考える病院の事業継続性
竹中工務店医療福祉本部 本部長 糸山 剛 氏
.
13:00〜13:50 中央社会保障審議会の現状
京都府医師会副会長 中央社会保険医療協議会委員 安達 秀樹 氏
.
13:50〜14:30 京セラ式病院原価管理導入による経営改善
KCCS マネジメントコンサルティング株式会社 代表取締役会長 森田 直行 氏
.
14:30〜15:10 ダブル改定前に知っておきたい高齢者住宅経営のポイント
         高齢者住まい法改正のポイント
ミサワホーム営業推進本部 医療・介護推進課 安藤 治郎 氏
.
15:30〜16:20 次期改定の議論の焦点-慢性期医療を巡って
日本慢性期医療協会会長 社会保障審議会介護給付費分科会委員 武久 洋三 氏
.
16:20〜17:35 平成24年度診療報酬改定〜介護報酬との同時改定に向けて〜
厚生労働省保険局 医療課長 鈴木 康裕 氏

画像


医療課長・老健課長・中医協委員の講演をまとめて聞けるとあって、開場前から受け付けは長蛇の列。
全国からの参加者の真剣さが伝わりました。

医療保険・介護保険ともに、ポイントはやはり2025年問題。
逆に言うと、2025年に向けて今回はどこまで改定が進むか、という視点で考えると、詳細な点付けまでは判らないまでも、改定ポイントは推測がつく、ということですね。

できるだけナマ情報に触れるように、との大学時代の指導教授の教えを守り、この先も中医協・社保審の傍聴やアチコチの研究会に参加して、正確な流れをフォローします!

さて、自分も今回の改定に関しての講演はいまのところあと4回予定が入ってます。
そろそろ次回に向けてレジュメのバージョンアップにかかります!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
2012年度 診療報酬・介護報酬同時改定の行方(日経ヘルスケアメディカルマネジメントセミナー) 医業コンサル/行政書士 意地と根性の研修記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる