【 第23回全国医療法人経営セミナー】 「今後の医療法人経営・医療費抑制政策の転換を目指して」

【 第23回全国医療法人経営セミナー】 「今後の医療法人経営・医療費抑制政策の転換を目指して」
2008年10月18日(土) 9:00~17:00水戸プラザホテル
主催: 社団法人日本医療法人協会/社団法人茨城県医療法人協会
後援: 社団法人日本医業経営コンサルタント協会

=講演 「新医療計画と地域連携が目指す医療提供体制の姿」=
講 師  厚生労働省 医政局医師確保等地域医療対策室長: 武田 康久先生

=シンポジウム 「諸外国からみる医療経営」=
1)諸外国からみる医療経営  多摩大学 大学院統合リスクマネジメント研究所教授 : 真野 俊樹先生
2)北欧モデル  東京大学 大学院経済学研究科教授 : 神野 直彦先生
3)西欧モデル  慶應義塾大学 商学部教授 : 権丈 善一先生

=講演 「医療費抑制政策を超えて - 茨城からの提言」=
講 師  社団法人茨城県医師会 会長 : 原中 勝征先生

=シンポジウム 「二大政党制下でのわが国の医療政策の動向」=
1)二大政党制下でのわが国の医療政策の動向  北海道大学 公共政策大学院教授 : 山口 二郎先生
2)自由民主党 参議院議員 : 西島 英利先生
3)民主党    参議院議員 : 足立 信也先生

=講演 「医療費抑制政策を超えた今後の医療法人経営」=
講 師  社団法人日本医業経営コンサルタント協会 常務理事  松田 紘一郎先生
画像


当社も賛助会員になっている医療法人協会の恒例の研修会に参加してきました。

盛りだくさんな内容に気合を入れて参加・・・のつもりが、来週の自分の講演準備のための睡眠不足と、季節はずれの花粉症のためMax Doseの抗アレルギー剤の影響で午前中はウトウト・・・
(もったいないことしました!)

圧巻だったのは、足立先生(参院議員)の次回マニュフェスト原案に近い医療政策。未発表とのことなので内容については控えますが、かなり実現可能性を意識された内容である、という印象を受けました。

最後の公認会計士の松田先生の講演は、その前のプロジェクターのハプニングの影響で時間が半分になってしまいましたが、自分たち実務者には経過措置適用型医療法人が新制度に移行する(実務者としては定款変更なのですが)ことが、やっと現実的に理解できる内容でした。

早速、自分の来週の講演のネタにも反映させます!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック