どうなる2012年診療報酬改定=同時改定に向けて今すべきこと=(f藤沢で講演してきました)

今シーズン初の診療報酬改定シリーズの講演をしてきました。

●日時:2011年9月17日(土)午後3時~
●場所:8HOTEL イベントスペース 藤沢市鵠沼花沢町1-5http://8hotel.jp/
●時間割:セミナー 15:00~16:30(90分)
      質疑応答 16:30~17:30(60分)
●テーマ:どうなる2012年診療報酬改定 =同時改定に向けて今すべきこと=
 震災後、ますます逼迫する財政の中で迎えることになる6年に一度の介護報酬との同時改定は、これまでにない厳しい内容となることは必至です。
『改定そのものの延期』『フリーアクセスの制限』『受診時定額負担』等、従来の議論にはなかった論点から始まった今回の改定に向けた審議は、財源論を含めてまだまだ目が離せません。また、従前の『医療機能分化』『地域連携』『後発医薬品への誘導』等の政策についても、継続しながら一部が重点的に強化されることが予想されます。
近年の医療制度改革の流れと、前回改定以降の社会保障審議会・中央社会保険医療協議会での審議の論点を整理し、今回の改定内容を予測しながら、自院の生き残りに向けて  理事長・院長が今すべきことについて、一緒に考えて参りましょう。
●講師:岸部 宏一/行政書士・医業経営コンサルタント

画像


今年も始まりました、診療報酬改定シリーズ。
例年、年末頃からバタバタを始まる内容で、基本方針も出ないこの時期の講演は久しぶりでした。
会場は、診療所のDr.中心かと思っていたら急性期病院の先生が予想より多く、印刷範囲から除外していたDPCネタを慌てて追加。
終了後の質疑応答、個別相談も、一般病床から回復期リハ移行?ダウンサイジング?等の戦略に関わる内容がチラホラと。。。(それもかなりのBIG NAMEの病院の院長先生でした・・・)

診療報酬改定の基本方針が出るまでの約2カ月の間、今のうちに「地域での自院役割を明確化し、その役割が周囲に認識されてその通りの連携関係が数字に表れているか?」の検証作業をやっておきましょうよ!っていうメッセージ、一人でも多くの先生に伝わっていることを祈ります!

機会を与えて下さったASJさんとMedSの中村GMに感謝です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

taka
2011年09月24日 11:46
お久しぶりです!
マイミクにさせていただいているtakaです。

院長先生を相手に講師とはすごいですね!
正装でなくても良いなら僕も参加したかったですね~
※僕の住んでるところは、職場の人が多いので、休日に正装するのが恥ずかしいので。。

この記事へのトラックバック